ピックアップ

中卒から5年で社会福祉士になれる最短ルート

マル
マル
社会福祉士のマルです

病院、学校、行政機関など幅広く活躍する社会福祉士。この記事は最終学歴が中学だけど社会福祉士になりたい、そんな人のために書きました。

実は社会福祉士は、高卒認定資格さえ取れれば学歴にかかわらず受験資格をゲットできる資格です。

スムーズに行けば記事を読んでいる今から5年間で取ることができます。今、福祉関係の仕事をしている人は働いている期間に応じて5年より短い期間で社会福祉士になれる可能性が高いです。

中卒から社会福祉士になるための最短ルートをわかりやすく解説します。

これだけ読んで!中卒からの最短ルート

・中卒から社会福祉士になる最短ルートは、「実務経験4年+一般養成施設+国試合格」

・この「実務経験」を手にいれるのは実は楽勝

・社会福祉士の養成施設は通信制もあるから働きながら通える

→もっと最短ルートについて学ぶ

中卒から5年で社会福祉士になれる最短ルート

中卒から社会福祉士になる最短ルートはこれ

社会福祉士になるためのルートは全部で12通りあります。

結論から言うと、

中卒から社会福祉士になる最短ルートは、以下の図の一番右「第11号 相談実務4年+一般養成校 +国試合格」ルートです。(引用:社会福祉振興・試験センター

syahuku

なぜなら、

11号ルートだけは、実務経験を積む前に学校に行く必要がないため働きながら高卒認定資格が取得可能だからです。

他のルートと比べて圧倒的にお金も時間もかけなくて済みます。

ちなみに相談実務は、学歴に関係なく誰でも簡単に経験を積むことができます。

次は最短ルートである「第11号 相談実務4年+一般養成校 +国試合格」についてさらに詳しく解説します。

最短ルート「第11号」について詳しく解説

先ほども触れた通り、中卒から社会福祉士になるための最短ルートは第11号「相談実務4年+一般養成施設」です。

それでは、「相談実務」や「一般養成施設」とはどんなものでしょうか? 

相談実務とは

相談実務は、高齢者・児童・障害者分野でのあらゆる業務が対象です。

相談実務という名称に反して、直接支援も対象になっています。例えば、障害者施設の生活支援員など直接支援している人も対象です。

「相談実務」の対象ととても幅広いためここに全て書くのは難しいので、どんな業務が対象かを知りたい方は、下のリンクから確認してください。

何度か触れている通り、福祉の仕事をしている場合は多くの人が対象になります。

一般養成施設とは

次に、一般養成施設ですが、これは社会福祉士になるため1年以上通う必要のある学校のことです。

修学期間は、1年〜1年10ヶ月。通信制、昼間、夜間と選択肢があるので社会人でも十分修了可能です。

これまでの情報から、中卒から社会福祉士になるモデルケースを作るとこんな感じ。

①相談実務の対象になる施設に就職

②実務経験を積みながら、高卒認定資格をゲット

③実務経験と高卒資格をゲットしたら、一般養成施設に入学

④卒業したら、国家試験を受験

⑤試験に合格し、社会福祉士に

合格まで最短で5年間くらいです。現在福祉関係で働いている人はその実務応じてもっと必要期間は短くなります。

一般養成施設の一覧は下のリンクから確認できます。

まとめ

中卒から社会福祉士になる最短ルートは

・第11号の「相談実務4年+一般養成施設」ルート一択。

・高卒認定試験を受けながら、相談実務経験4年を積む。

・その後一般養成施設+国試合格する必要がある。

国家試験対策

受験資格を手に入れた後は、社会福祉士国家試験が待っています。

この試験は合格率20%程度と難易度は低くありません。色々な大学が卒業生の合格率を上げるために試験対策講座を行なっているほどです。

社会福祉士の試験対策にユーキャンを使う方もいますが、20%安く受講する方法もあります。同じものを買うなら安い方がいいと思います。

気になる人はチェック