保育士資格

【受験資格】中卒・高卒・大卒どんな学歴でも受けれる保育士試験

オモ
オモ
保育士試験を受験してみたいけど、僕には受験資格があるのかなあ?
マル
マル
オモくんは保育士試験を受けたいんだね! オモくんは、短期大学の栄養学科卒業だっけ? 
オモ
オモ
そうそう、僕みたいに保育と関係ない学科卒業の場合は流石に受験できないよね?
マル
マル
いや、オモくんも受験できるよ! 保育士試験は短大卒・大卒なら学科にかかわらず受験できる試験なんだ! 今回は保育士試験の受験資格について見ていこう!

【受験資格】中卒・高卒・大卒どんな学歴でも受けれる保育士試験

冒頭にあったように、保育士試験は大卒や短大卒なら誰でも受験可能な間口がとっても広い国家資格です。もちろん短大卒以上だけではなく中卒、高卒、専門学校卒でも受験できるケースが沢山あるので受験資格がある人がとっても多いんです。それでは学歴ごとにみていきましょう。

大卒・短大卒の場合

大卒者・短大卒者の場合は、保育と関係がない学科卒でも受験資格があります。大学を中退した人でも、2年以上在籍しており62単位以上取得している場合は受験資格があります。

専門学校卒の場合

専門学校卒業者の場合は、修業期間が2年以上であり、学校教育法に基づく専修学校の専門課程を卒業している人には受験資格があります。

高卒の場合

高卒の場合は、卒業した年度によって受験資格の有無が決まります。平成3年3月31日以前に高校を卒業している場合、もしくは平成8年3月31日以前に高校の保育科を卒業している場合は、保育士試験の受験資格があります。平成3年が30年前ですから、48歳以上の方は受験資格があることになります。また、平成8年は25年前なので43歳以上の保育科卒業の方は受験資格があります。

平成3年4月1日以降に高校を卒業している場合、児童福祉施設での2年以上かつ2,880時間以上の実務経験が必要になります。

2年以上かつ2880時間以上なので、例えば2年間在籍していても労働時間が2880時間に満たさない場合は該当しません。また、児童施設で勤務している場合でも、都道府県知事から認定をもらわないといけない施設もあるので注意してください。

当該の児童施設については、下の「中卒の場合」で解説しているのでそちらを参考にしてください。

中卒の場合

中卒の場合、保育士試験を受験するには、児童福祉施設での5年以上かつ7,200時間以上の実務経験が必要になります。もちろん高卒認定試験に合格してから保育士試験を受ける手段もあります。

5年以上かつ7200時間以上なので、どちも満たしていることが条件になります。また児童施設で勤務している場合でも、都道府県知事から認定をもらわないといけない施設もあるので注意してください。下に知事の認定が必要ない施設をまとめておきますので、下に書いていない施設で働いている方は保育士試験主催団体のHPを確認してみてください。

知事からの認定が必要ない児童施設

児童福祉法第7条に基づく児童福祉施設
・ 保育所(利用定員20名以上)
・ 保育所型認定こども園
・ 幼保連携型認定こども園
・ 児童厚生施設(児童館)
・ 児童養護施設
・ 助産施設
・ 乳児院
・ 母子生活支援施設
・ 障害児入所施設
・ 児童発達支援センター
・ 児童心理治療施設
・ 児童自立支援施設
・ 児童家庭支援センター

まとめ

この記事で書いてある通り、中卒〜大卒者まで幅広い人が受験できる可能性があり、本気で受けたければ誰でも受験資格を得ることができる試験と言えます。その分試験は、3年間合格科目の引き継ぎができるにも関わらず合格率20%程度と比較的難易度は高めです。

ただ、僕自身の経験から保育士試験に独学で合格するのは決して無理ではありません。もし、本気で保育士試験に合格したい方がいましたら、この記事をご覧ください。きっとお役に立てるかと思います。

試験対策

また、受験資格を手に入れた後は、保育士試験が待っています。この試験は例年合格率20%程度と難易度は低くありません。保育士試験にユーキャンを使う方が多いですが、20%安く受講する方法もあります。「同じものを買うなら安い方」ということで、気になる人は読んでみてください